研究開発項目詳細

II.被災状況解析・共有システム開発

II.被災状況解析・共有システム開発の概要図

研究責任者

酒井 直樹
国立研究開発法人防災科学技術研究所
先端的研究施設利活用センター 戦略推進室 室長

社会実装責任者

田口 仁
国立研究開発法人防災科学技術研究所
社会防災システム研究部門 主任研究員

研究開発課題名

衛星データ等即時共有システムと被災状況解析・予測技術の開発

研究概要

自然災害の発生エリアを観測・予測データから推定し、その情報から衛星等により観測を行い、広域被災状況把握及びシミュレーション結果と共に災害対応機関へ迅速に提供する技術を開発する。被災状況を把握する技術、洪水氾濫・火山降灰・火災延焼シミュレーションにより広域被災予測を行う技術を開発する。これらの技術により、災害発生直後から広域な被災状況把握及び予測を可能とする統合システムを実現する。

参画研究機関

富士通株式会社
国立研究開発法人 宇宙航空研究開発機構
さくらインターネット株式会社
国立大学法人山口大学
日本ユニシス株式会社
国立大学法人東京大学
国立研究開発法人 建築研究所
学校法人中部大学
公益財団法人 日本測量調査技術協会
アジア航測株式会社
国際航業株式会社
株式会社パスコ
いであ株式会社
パシフィックコンサルタンツ株式会社
株式会社建設技術研究所
国立研究開発法人 土木研究所
国立大学法人鹿児島大学
一般財団法人日本気象協会
一般財団法人砂防・地すべり技術センター
一般財団法人消防防災科学センター
国立研究開発法人防災科学技術研究所

(順不同)