研究開発項目詳細

VI. スーパー台風被害予測システム開発

VI. スーパー台風被害予測システム開発の概要図

研究責任者

立川 康人
国立大学法人京都大学大学院工学研究科社会基盤工学専攻 教授

社会実装責任者

野田 徹
一般財団法人 国土技術研究センター
河川政策グループ 業務執行理事

研究開発課題名

スーパー台風被害予測システムの開発

研究概要

気候変動により発生が懸念されるスーパー台風等を対象とした、自助・共助・公助による自立的な避難行動や最善の広域応急対応の実現に向けて、様々な観測データを利用し合理的なデータ処理を施すことで、スーパー台風の進路予測を用いた河川水位や高潮・高波、さらに浸水エリアを予測するとともに、ダムや水門の連携・一元化による運用・操作機能も装備したスーパー台風被害予測システムを三大湾等への社会実装も考慮し開発する。

参画研究機関

国立大学法人京都大学
一般財団法人国土技術研究センター
国立大学法人東京大学
一般財団法人沿岸技術研究センター
一般財団法人日本気象協会
一般財団法人河川情報センター
独立行政法人水資源機構
国立研究開発法人土木研究所
一般社団法人ダム・堰施設技術協会
国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構
国立研究開発法人水産研究・教育機構

(順不同)